遺言状

遺言書がない場合、遺産相続でトラブルが起こるケースが多いと言われています。弁護士や税理士事務所に相談にくるケースも遺言書がなく、法定相続人の間でもめごとが起こってしまうことが多いのです。よくある遺産相続トラブル体験談も遺言書があれば、円満に解決することができるでしょう。

遺言書は自分が死んだあとに遺産を誰に相続させるか?を書き残す文書のことを言います。

遺言の方式には2種類あり、1つは自分で作成して、そこに署名、押印をして封をする自筆証言遺言という方式です。この方式は簡単に作成することができますが、家庭裁判所に検認をしてもらわなければなりません。

2つ目の方法としては、公証役場で証人2人の立会のもの、遺言書を作る公正証書遺言という方式です。この方法は費用がかかりますが、公に証明された遺言なので、遺言の効力は絶対的です。トラブルを防ぎたい場合には、公正証書遺言の方がよいでしょう。遺産でのトラブルを避けたいという人は生前に遺言を残しておくことをおすすめします。

前もって、相続弁護士に相談すれば、遺言にまつわるトラブルが経るでしょう。

遺言書のルール

遺言書は遺産相続をする上で絶対的な効力をもっています。遺言書を作成するにはいくつかのルールがあり、このルールを守らなければ法的な遺言書として認められないケースも多いのです。遺言書を作成する上では3つの決まりごとがあります。その3つとは1.遺言者による自署、2.遺言者の署名押印、3.作成年月日の明記です。

この1つでも欠けてしまうと遺言自体が無効になってしまうのです。ワープロや動画などでの遺言は無効になっていますので、書面で残さなければなりません。遺言書を作成することは生きている間にそう何度とあることではないので、ルールや書き方がよくわからないという人も多いでしょう。そういった場合には、適当に作成するのではなく弁護士や税理士の先生に相談しながら作成する方が賢明です。死んだ後に子供や兄弟同士での遺産相続でもめることは本当につらいです。遺産相続体験談でも兄弟間のトラブルが一番多いのです。トラブルを避けるためにも遺言書の作成はおすすめです。