税理士というのは相続税支払いのサポートをしているだけではなく、遺産相続に関するサポートも行っていることが多いのです。そのため、遺言書の作成をサポートしている税理士も多くなっています。通常遺言書の作成は弁護士の仕事だと思うでしょうが、税理士もサポートすることができます。まずは税理士に遺言書の作成をしたいということを告げてみましょう。もし遺言書の作成は専門外だから、弁護士に頼んでほしいというようであれば、その税理士は知識に乏しいと言えます。

逆に遺言書の作成方法を丁寧にわかりやすく解説してくれるような税理士や、弁護士に依頼するにしても、抗争が起きたときに弁護士に依頼するとよいという説明をきちんと行ってくれる税理士であれば、依頼して問題ありません。通常遺言書の作成をサポートしてもらう場合には、税理士であっても問題ないのです。ただし、遺産相続争いが起きたときには、弁護士や司法書士でなければ解決できないので、このような点もきちんと説明してくれる税理士でなければいけません。

そこで税理士に遺言書の作成をサポートしてもらうメリットを紹介させていただきますが、最大のメリットは報酬が安いことです。弁護士に依頼すると、かなり高い報酬が必要になるので、相続税の支払いがほぼ確実だという場合には、税理士に依頼した方がよいでしょう。もしよい税理士であれば、相続税の申告なども同じ税理士に任せてしまうことができます。しかも相続税の支払いまで一括して任せてしまうこともできるので、とてもスムーズに遺産相続ができるでしょう。

このようなメリットがあるのですが、逆にデメリットも存在しているのです。それはもし遺言書を作成しても、相続人が納得いかないと言って、争いが発生した場合には、税理士では解決することができません。また、遺言書の作成から相続税の申告まで、広い知識を持った税理士を探す必要があるので、念入りに情報収集をしないといけないという点でしょう。他には特にデメリットがないので、やはり税理士に遺言書の作成を依頼するのがおすすめです。