遺産相続の際には不動産に関する問題も出てきます。そのため、税理士であっても不動産関連の問題について相談することが可能になっています。遺産相続で不動産が関係してくる場合には、被相続人が保有している土地にどれだけの価値があるのかを評価してもらうのが一般的でしょう。もちろんこのような相談も税理士は受け付けているのですが、他にも不動産交換についての相談を受け付けています。不動産交換というのは、土地の保有権を他の人に移すことです。

例えば親が保有している不動産を自分名義にしたい、親族間で共有している土地を自分だけで単独保有したい、他の人に贈与したいという場合が多く、このような相談も税理士が対処しています。不動産に関する相談は、行政書士に行うことが多いでしょうが、もちろん行政書士でも対応は可能です。しかし、不動産交換を行うと、必ず贈与税や相続税の支払いが発生してしまうので、行政書士では税金の支払いに対して全く対応できません。

そのため、税理士に一括して依頼するという人も多いのです。このような不動産交換だけではなく、相続税の支払いが難しいからと、土地を手放してしまう人もいるでしょう。このように土地を手放す場合の相談も税理士が行っています。不動産というのはかなり大きな金額になるので、かなり高い確率で相続税の支払いが発生しますし、贈与税は相続税よりも遥かに税率が高いので、僅かであっても支払い義務が発生するため、税理士への相談は欠かせません。

もちろん節税対策も税理士でなければ不可能なので、どうしても税理士に相談するようになります。特に最近は不景気の影響や増税の影響が非常に大きく、仕方がなく土地を手放さなければいけなくなるという人も多いでしょう。もし相続するとしても、できる限り税金の支払いを少なくしたいと考えるのは当然です。よって節税対策まできちんとできる税理士に依頼することも重要ですし、不動産関連にもある程度詳しい人でなければいけません。