インスタのアカウントの乗っ取りがあったらどうすべきなのか

インスタを利用しているときにふとしたきっかけで、もしかしたら他の人に乗っ取られたのではないかと気づくことがあります。変更した記憶がないのにプロフィールが書き換えられていたり、過去の投稿が改変されていたり、新しい写真が突然追加されていたりするというのが典型的なきっかけです。インスタの乗っ取りをするのに何の意味があるのかと思うかもしれませんが、詐欺や宣伝広告などのために他人のアカウントを使おうと考える人もいるのが実態です。例えば、アダルト系の商品やサイトの宣伝媒体として使ったり、詐欺のサイトへ誘導する手段として用いたりするためにアカウントを乗っ取るケースがあります。

このようなときの対策は三つのステップに分けて考えることができます。乗っ取りをした犯人はアカウントを自分が自在に使えるようにしたいと考えるのが普通です。そのために元々のユーザーが使えないようにパスワードを変更してしまうことがよくあります。ただ、パスワードを変更してログインできなくしてしまうと、すぐに対処されて自分もそのアカウントを使えなくなると懸念する人もいるので、パスワードを変えずに上手に乗っ取ることもないわけではありません。そのため、ログインできるケース、ログインできないケース、そしてどちらを試しても解決できなかったケースといった順で対策を試みてみるのが賢い方法です。

ログインはできるけれど乗っ取られているようだというときにはパスワードを変更しましょう。パソコンを使用している場合でもアプリを使っている場合でも、プロフィールの画面からパスワードを変更することが可能です。自分のことを知っている人が乗っ取っている可能性もないわけではないので、誕生日などのように自分に直接関連のある数字や文字列は使用せずに新しいパスワードを設定しましょう。他のサービスのパスワードを使い回していると漏洩リスクが高いので新しいものを設定するのが大切です。

ログインができなくなってしまって乗っ取られたようだという場合にはパスワードをリセットしましょう。パソコンではログイン画面に「パスワードを忘れた場合」というリンクがあるのでクリックします。そして、メールアドレスまたはユーザネームを入力して認証のための文字列を入れて送信すると、登録してあるメールアドレスにメールが送られてきます。そのメールからパスワードのリセットを実行し、新しいパスワードを設定すれば完了です。

Androidアプリの場合にはログイン画面にある「ログインに関するヘルプ」からSMSを送信することでパスワードのリセットの仕方が書いてあるメッセージが届きます。iOSアプリの場合にはユーザネームまたは電話番号からリセットが可能です。ユーザネームをタップしてユーザネームまたはメールアドレスを入力するか、電話番号をタップしてインスタに登録してある電話番号を入力して送信するとメールかメッセージでリセット方法を通知してもらえます。

パスワードが変更できないという場合には既に個人情報をかなり変更されてしまっている可能性が高く、もはやこのような簡単な手続きでは対策することができません。その際にはインスタの運営に連絡をしましょう。インスタのヘルプのページで「このメールアドレスはすでに使用されています。」という項目を探してみると、自分のメールアドレスが使われてしまっているときに連絡できるようになっています。アカウントにアクセスできない、My account was hacked.などの項目を選んで送信して適切な対応を取ってもらいましょう。この段階にならないうちに手を打った方がスムーズなので、乗っ取られていないかは普段から気にかけるのが大切です。

カテゴリー: SNS